あけぼの保育園の給食

低農薬・無農薬有機野菜を中心とした野菜の利用、抗生物質を使用せず
飼料の安全性にもこだわった肉、その他国産品を中心とした添加物などを使用していない
自然で安全でおいしい食材を使うことをこころがけています。
これらの理由から園の食材はほとんどのものを生協からとっています。

手作り

昼食、おやつ、延長保育の補食・夕食、離乳食、アレルギー食すべて園内の調理室で手作りしています。

献立のなかで大切にしたいこと

日本の風土に合った、日本人の体にあった、昔からの味「和食」をこどもたちに伝えたいと考えています。

旬の新鮮な味を楽しむこと

日本には春夏秋冬があり、四季折々にいろいろな食材を楽しめます。
最近はいつでもいろいろな食材が店頭に並んでいるのが普通になっていますが、旬の食材はうまい!安い!栄養価が高い!とうたわれ、その季節に自然からとれた作物の味は格別です。

根菜類をできるだけ多く摂ること

大根、人参をはじめとする根っこの部分を食べる野菜は繊維質を多く含み、熱に強いビタミンを多く含みます。あけぼの保育園ではいろいろな調理方法で給食に根菜類が登場します。
ビタミン類は体の調子を整える大切な栄養素です。ヒトの体のなかでは作り出すことができませんので、食べ物から摂る必要があります。

海藻・小魚の多い給食

海藻・小魚には歯や骨を丈夫にするカルシウムをはじめとした多くのミネラルが含まれています。
ミネラルは体を作る主成分や体の作用の補助をする大切な成分です。
また、海藻や小魚は適度な歯ごたえがあるので、顎をきたえて脳の活性化につながります。

主菜は魚を中心とした献立

魚に含まれる油には体に良質な成分が多く含まれています。
そのほか、毎日食事の前に散歩に行きみんなで向かい合ってわきあいあいと給食を囲み、食事を楽しむことを大切に考えています。
食べる意欲やおいしいという味覚を育てる意味でも、食事に向かう姿勢や環境を大切に考えています。

離乳食

スプーンひとさじからの離乳食準備期から初期、中期、後期、完了期と時期だけではなくその子の発達にあわせた形態で、食べ具合を見ながら作っていきます。

アレルギー食

医師からの指示書のもとに、食べられる食材を利用して除去食・代替食を作ります。
食事の際は、調理室と担任で毎食確認し合ったり、食器やトレーを変えることで安全に提供できるようにしています。

行事食

ただいま、準備中です。

食器

重さやぬくもりが手になじみ、家庭的な雰囲気を出せるよう陶器の食器を利用してます。

給食室より

2022年度09月

 9月に入ると朝夕は涼しく日中は暑いという日も増えてきます。この寒暖差は自立神経の乱れを引き起こし、体調を崩しやすくなります。

さらに冷たいもののとりすぎによる食欲不振、夏バテによるだるさ、疲労感につながります。

疲労回復効果のある食事をとろう!

 身体が疲れやすくなるのは、エネルギー不足と老廃物の蓄積によるもの。ビタミンB1は糖質が分解されてエネルギーに変わる時に必要な栄養素であり、この栄養素は豚肉や豆腐、ほうれん草に多く含まれています。

日々の献立の中にこれらの食材を積極的に取り入れる事が疲労回復につながります。

あけぼのクッキング

~豆腐の肉巻き煮~(大人2人 子ども2人分)

≪材料≫
豚もも薄切り ・・・90g
木綿豆腐 ・・・240g
酒 ・・・大さじ1
本みりん ・・・小さじ1と2/1
砂糖 ・・・大さじ1
薄力粉・・・小さじ2
濃口醤油…・・・大さじ1

≪作り方≫

1. 豆腐を食べやすい大きさに切り揃え、水を切っておく。

2. 薄切り肉に薄力粉をまぶし、1に巻き付ける。

3. 小さめの鍋の中につなぎめが下になるように並べ、調味料とともに具材が浸るくらいの水を加え火にかける。

4. 具材に火が通り、タレがある程度煮詰まったら完成
(3の段階で一度具材に焼き目を付けてから煮込むと香ばしさが加わります)

※小麦粉は水と合わさることで粘り気が出ます。接着剤として肉のつなぎめにはしっかりつけましょう!

2022年度08月

夏の食中毒に注意!!

 食中毒は一年中発生しますが、特に夏期は細菌が繁殖しやすいので注意が必要です。

食中毒の三原則

  1. ☆菌を付けない
    調理の前には必ず石鹸で手を洗いましょう
    食品はラップや密閉容器に入れて保管しましょう
  2. ☆菌を増やさない
    購入した食材はすぐに冷蔵庫に保管する
    調理済み食品は常温で放置せずに早めに食べる
  3. ☆菌をやっつける
    中心部まで確実に加熱する
    調理器具は熱湯や漂白剤でしっかり消毒する

あけぼのクッキング

 暑さが続くこの季節、梅干しで食欲upしましょう。

鶏ささみの梅焼き(大人2人こども2人)

≪材料≫
鶏ささみ ・・・6本
梅干し ・・・2個
水 ・・・大さじ3
片栗粉 ・・・適宜
サラダ油 ・・・適宜
★しょうゆ・・・大さじ1
★砂糖・・・小さじ2
★酒・・・大さじ1
★みりん・・・大さじ1

≪作り方≫

1. 梅干しは種を除いて果肉をすりつぶすか、包丁でたたき、水・調味料★と合わせておく。

2. 鶏ささみに片栗粉をまぶし、サラダ油をひいたフライパンで両面色よく焼く。(弱めの中火で中心までしっかり加熱する)
※鶏ささみは縦に切れ目を入れて開いて切った方が火が通りやすいです。

3. 1を加えて強火で煮からめて出来上がり。

※鶏むね肉そぎ切りや魚(白身魚・青魚)でも作れます。

2022年度07月

清涼飲料水に注意しよう
 夏になると飲みたくなる清涼飲料水。

 清涼飲料水には、たくさんの糖分が含まれています。甘い飲み物は食欲を失わせてお腹が空かなくなるので、食事の量に影響し栄養にかたよりが生じます。
乳児期から幼児期は味覚の形成期です。甘味の摂りすぎは味覚の発達を妨げてしまいます。

☆おやつに添える飲み物は牛乳や果汁、お茶などおやつに合わせて選びましょう
☆のどが渇いたときは甘くない飲み物を選びましょう
☆どうしても甘いものが飲みたい時は、量を決めてコップに取り分けて飲みましょう

あけぼのクッキング ~あじの生姜焼き~

鯵の語源は「味」にあり、「味がいいから」とも言われます。

大人2人分、子ども2人分

≪材料≫
あじ・・・4切れ
★しょうが・・・3g
★酒・・・6g
★みりん・・・6g
★しょうゆ・・・12g
油・・・適量

≪作り方≫

  1. しょうがは皮をむいてすりおろす(園ではすりおろし汁のみ使用します)
  2. あじと★の調味料を合わせて漬ける
  3. フライパンに油を敷き、あじを両面焼く
  4. 火が通ったら出来上がり

2022年度06月

かむことと脳の関係とは?

かむことで、あごの筋肉が動き、周りの血管や神経が刺激されて脳の血流がよくなります。そして、脳の働きが活発になり、記憶力や集中力が高まるのです。また、脳にある満腹中枢が刺激されると「おなかがいっぱい」と感じるため、食べすぎを防止する効果もあります。

あけぼのクッキング  ~大豆の和え物~
人参やきゅうりをコロコロに切ることで、噛むことを促します。

≪材料≫大人2人、子ども2人分
・大豆70g ・人参70g ・きゅうり60g ・コーン60g
・塩少々   ・酢小さじ1と1/2   ・油小さじ1と1/2

≪作り方≫
① 人参、きゅうりは大豆の大きさに合わせて角切りにする
② 人参、コーンを茹でて水を切る
③ ボウルで②と大豆、きゅうり、調味料を和えて完成

2022年度05月

おやつについて・・・
 こどものおやつは楽しみというより、栄養補給のためにあります。

 こどもたちは遊んだり、眠ったりするためのエネルギーはもちろん、成長するための栄養が必要です。ですが、胃袋の大きさは大人の1/3の大きさしかないので食事だけで補うのは難しいため、食事以外におやつが大切になってきます。

メニューの紹介

今回は保育園で出しているおにぎりメニューの紹介です。乳児クラスは手づかみで食べやすいように俵型に、幼児クラスは三角おにぎりで提供しています。おうちでもぜひ作ってみてください!

~そぼろおにぎり~4個分
〈材料〉
・ごはん     400g
・砂糖      2g
・鶏ひき肉    40g
・醤油      4g
・料理酒     2g

〈作り方〉
1. フライパンで鶏ひき肉を炒める
2. 色が変わり、火が通ったら調味料を入れる
3. 温かいご飯に混ぜる

~青菜コーンおにぎり~4個分
〈材料〉
・ごはん     400g
・コーン     40g
・小松菜     20g
・塩       2g

〈作り方〉
1. 小松菜はゆでて、細かく刻んでおく(コーンが冷凍の場合は解凍する)
2. 温かいご飯に小松菜、コーン、塩を混ぜる

過去の給食室よりはこちらからご覧になれます。

大きく表示するにはこちら >>

バックナンバー

2022年06月2022年05月2022年04月