あけぼの保育園の給食

低農薬・無農薬有機野菜を中心とした野菜の利用、抗生物質を使用せず
飼料の安全性にもこだわった肉、その他国産品を中心とした添加物などを使用していない
自然で安全でおいしい食材を使うことをこころがけています。
これらの理由から園の食材はほとんどのものを生協からとっています。

手作り

昼食、おやつ、延長保育の補食・夕食、離乳食、アレルギー食すべて園内の調理室で手作りしています。

献立のなかで大切にしたいこと

日本の風土に合った、日本人の体にあった、昔からの味「和食」をこどもたちに伝えたいと考えています。

旬の新鮮な味を楽しむこと

日本には春夏秋冬があり、四季折々にいろいろな食材を楽しめます。
最近はいつでもいろいろな食材が店頭に並んでいるのが普通になっていますが、旬の食材はうまい!安い!栄養価が高い!とうたわれ、その季節に自然からとれた作物の味は格別です。

根菜類をできるだけ多く摂ること

大根、人参をはじめとする根っこの部分を食べる野菜は繊維質を多く含み、熱に強いビタミンを多く含みます。あけぼの保育園ではいろいろな調理方法で給食に根菜類が登場します。
ビタミン類は体の調子を整える大切な栄養素です。ヒトの体のなかでは作り出すことができませんので、食べ物から摂る必要があります。

海藻・小魚の多い給食

海藻・小魚には歯や骨を丈夫にするカルシウムをはじめとした多くのミネラルが含まれています。
ミネラルは体を作る主成分や体の作用の補助をする大切な成分です。
また、海藻や小魚は適度な歯ごたえがあるので、顎をきたえて脳の活性化につながります。

主菜は魚を中心とした献立

魚に含まれる油には体に良質な成分が多く含まれています。
そのほか、毎日食事の前に散歩に行きみんなで向かい合ってわきあいあいと給食を囲み、食事を楽しむことを大切に考えています。
食べる意欲やおいしいという味覚を育てる意味でも、食事に向かう姿勢や環境を大切に考えています。

離乳食

スプーンひとさじからの離乳食準備期から初期、中期、後期、完了期と時期だけではなくその子の発達にあわせた形態で、食べ具合を見ながら作っていきます。

アレルギー食

医師からの指示書のもとに、食べられる食材を利用して除去食・代替食を作ります。
食事の際は、調理室と担任で毎食確認し合ったり、食器やトレーを変えることで安全に提供できるようにしています。

行事食

ただいま、準備中です。

食器

重さやぬくもりが手になじみ、家庭的な雰囲気を出せるよう陶器の食器を利用してます。

給食室より

2021年度10月

 食欲の秋!!旬な野菜を取り入れ、楽しく食事をしましょう。

 今月は保育園でこども達に人気の「ほうとう風うどん」のレシピをお知らせします。簡単に家庭でも作れますので、ぜひ作って食べてみてください。

お箸を正しく使って食事をしましょう

お箸を使い始める時期は?
 箸を使い始める目安として、年齢ではなく手指が発達しているかどうかが大切なポイントです。例えば、『じゃんけんのチョキや、指でキツネが作れようになる』『スプーンやフォークを正しく使いこなしながら食事ができる』『鉛筆を正しく持ち線が書ける』など、5本の指を別々に曲げたり伸ばしたりできるのようになったら、箸を始めるころあいです。そして、手指の発達とともに、「箸を使って食べてみたい」という意欲も大切です。使い始めは難しくて思うように上手に使えません。箸は最初が肝心です。正しい使い方を身につけられるように、こどもの意欲を認めつつ、側についてきちんと教えてあげましょう。

ほうとう風うどん
子ども2人 大人2人分

〈材料〉

・うどん   300g   ・生しいたけ   18g
・鶏もも肉   180g   ・カボチャ    18g
・白菜      72g   ・だし汁     150g
・大根      48g   ・味噌      30g   
・ネギ      48g   ・本みりん     6g
・にんじん    50g

〈作り方〉

  1. 1.白菜は一口大、大根・にんじんはいちょう切り、ネギは斜め切り、生しいたけは石突をとり薄切り、カボチャは薄切りにしておきます。
  2. 2.鶏もも肉を炒め、火が通ったら、調味料のだし汁、味噌、本みりんを加え、1の野菜を全て入れ、柔らかくなるまで煮込みます。
  3. 3.うどんを茹でておきます。(冷凍うどんを使ってもOK!)
  4. 4.3のうどんを入れ、1分ほど煮込んで完成。 

*ほうとうとは、小麦粉を練り太めに切って作った麵です。名前の由来は武田信玄が自分の刀で食材を切ったことから「宝刀(ほうとう)」と名付けられたという説もあるなど、ほうとうは武田信玄とともに「山梨名物」とされています。


2021年度09月

~夏の疲れに気を付けて!~
朝夕の風に秋の気配が感じられる日が少しずつ増えてきました。
夏の疲れが出やすいこの時期、美味しいものをしっかり食べ、まずは体をゆっくりと休めることが大切です。夜は早めに布団に入り、睡眠をたっぷり取りましょう。

~こどものおやつ~
こどもにとっておやつには、1日3回の食事だけでは不足しがちな栄養素をとるための、栄養補給の役割があります。また一方では、疲れた心や体を癒しリフレッシュできる効果もあります。おやつはこどもにとって必要なものとはいえ、食べすぎるとむし歯や肥満など様々な悪影響をもたらします。おやつでは次のことに気を付けましょう。
・1回の量を決める
・決められた時間以外にはおやつを食べない
・お茶や牛乳なども一緒にとり、水分補給を心がける

〜さつま芋のきな粉和え〜
子ども2人 大人2人分
〈材料〉
・さつま芋  300g
・きな粉 48g
・砂糖 20g

〈作り方〉

  1. 1.さつま芋は皮を剥いて、食べやすい大きさに切る。
  2. 2.きな粉と砂糖を一緒にふるいにかける。
  3. 3.1で切ったさつま芋を爪楊枝がスッと通るくらいまで蒸す。
  4. 4.蒸したさつま芋と、2のきな粉を混ぜて完成。

2021年度08月

水分補給で熱中症予防を

熱中症は、夏の強い陽ざしの下での激しい運動や作業中だけでなく、室内で起こることもあります。この時期は、汗をかくことを意識して水分をとるように心がけましょう。のどの渇きを感じなくても、こまめな水分補給が重要です。すぐに飲めるようにつねにそばに置いておくのも良いですね。
また、扇風機やエアコンで室内温度を管理するなど、環境への注意も大切です。食事には、汁物や水分の多い野菜・果物を積極的にとり入れましょう。

とうがんのそぼろ煮

爽やかな味わいが特徴のとうがんをみんなが好きな味付けで美味しく食べよう!!

〇材料(こども2人、おとな2人分)
・とうがん 210g
・鶏ひき肉 48g
・サラダ油  小さじ1
・砂糖   小さじ1.5
・醤油   小さじ1.5
・片栗粉  大さじ1

〈作り方〉

  1. 1 とうがんは皮をむき、一口大に切り、とうがんが浸る位の水を入れ2~3分ゆでる。
  2. 2 弱火で5~6分煮詰め、サラダ油で炒め、調味料を入れて、鶏ひき肉を加え、箸でほぐすようにし、さらに4~5分煮る。
  3. 3 片栗粉でとろみをつけて、完成。

過去の給食室よりはこちらからご覧になれます。

大きく表示するにはこちら >>

バックナンバー

2020年度02月の献立表 >>
2020年度01月の献立表 >>
2020年度12月の献立表 >>
2020年度11月の献立表 >>
2020年度10月の献立表 >>
2020年度09月の献立表 >>
2020年度08月の献立表 >>
2020年度07月の献立表 >>
2020年度06月の献立表 >>
2020年度05月の献立表 >>
2020年度04月の献立表 >>