理事長あいさつ

 1962年(昭和37年)産休明けの乳児を安心して預けられる保育所としてこぐま保育園が創設されました。その後、父母・保育者・地域の方々の署名請願運動が結実し、1983年(昭和58年)社会福祉法人「戸越ひまわり福祉会」が誕生し、同時に、品川区戸越六丁目に戸越ひまわり保育園を開所いたしました。 2014年(平成26年)4月、大崎三丁目に移転し大崎ひまわり保育園(品川区大崎、定員70名)として再出発しました。
 また、2005年4月中野区よりあけぼの保育園(中野区上高田、定員110名)の民間移管を受けました。2013年7月には耐震改修工事が完了しました。
 2018年(平成30年)4月現在、2つの保育園を 国・都・区の助成金で運営をしています。
 保育を通して家庭との信頼関係を築き、子どもをまん中に据えて、共に育てあう「共育て」の関係を大事にしていきます。また、「共育て」の関係の中で、子ども・保護者・保育士が共に成長する「共育ち」の関係をつくっていきます。そして、地域住民のみなさまとも手を携えて、私たちの宝である子どもたちの成長を手助けしていきます。

理事長 矢澤 宏之

 

福祉会の概要

名称 社会福祉法人 戸越ひまわり福祉会
本部 所在地 〒141-0032 東京都品川区 大崎3-1-9
TEL 03-3495-7600
FAX 03-3495-7615
施設 大崎ひまわり保育園(品川区 大崎3-1-9)
あけぼの保育園(中野区 上高田2-58-21)
設立 1983年(昭和58年)
理事長 矢澤 宏之